花・フラワーギフトは小田急フローリスト

お盆 7月13日-16日 8月13日-16日

お盆とは正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、年に1度、ご先祖様の霊をお迎えして供養する期間のことを示します。 ここでは、お盆について、時期や用意するものなどをご紹介します。

 

お盆はいつ?

お盆は地域によって時期が異なります。
7月がお盆である新盆(7月盆)、8月がお盆である旧盆(8月盆)の2つがあります。

全国的にみると8月に行われる旧盆が主流ですが、7月15日を中心として行われる新盆が主流の地域もあります。 お盆の時期が異なる理由は、明治時代に行われた改暦が関係しています。改暦は明治時代に暦の国際基準化を目的として行われました。 改暦に伴って日本の各行事は30日遅れとなり、もともと旧暦の7月15日に行われていたお盆も、改暦後には新暦の8月15日に行われるようになりました。

現在、新盆は東京を中心とした一部地域のみで、大多数の地域は旧盆です。東京は新盆、その他は旧盆と、 お盆の時期のずれが定着した理由は諸説ありますが、農業が盛んな地方の7月は農繁期で忙しいため、1ヶ月遅らせてお盆を行ったと言われています。

新盆の地域

東京を中心とした一部地域のみ。 具体的には多摩地区の一部を除く東京、函館、金沢の旧市街地が7月にお盆を行っています。 新盆の地域では7月15日を中心に様々な祭りが行われます。

  
迎え火
(盆入り)
中日送り火
(盆明け)
7月13日7月14日7月16日

旧盆の地域

東京と一部地域を除く、ほぼ全国。
8月にお盆を行う地域は新盆の地域と変わり盆の地域(旧暦の7月15日にお盆を行う地域など)を除くほぼ全国で、 日本では旧盆の方がスタンダードです。旧盆の地域の多くでは8月15日をお盆の中心と考え、8月13日から16日までの4日間にお盆の催しや風習が行われます。

  
迎え火
(盆入り)
中日送り火
(盆明け)
8月13日8月14日8月16日

初めて迎えるお盆「新盆」

亡くなった方の忌明け(四十九日)後、初めて迎えるお盆のことを「新盆」もしくは「初盆」といいます。  関東より東は「にいぼん」、千葉、長野「しんぼん」、北関東「あらぼん」、西日本「初盆(はつぼん、ういぼん)」 と呼ばれることが多いそうです。

お盆の準備

 

お寺へ法要の相談、ご先祖様の霊をお迎えするために、お墓の掃除をします。
お供えの準備(お花、お線香、ロウソク、故人が好きだった食べ物など)も忘れてはいけません。

盆棚(精霊棚)

盆棚は精霊棚ともいわれ、位牌の安置やお供え物、 故人の好きだった食べ物を置き、ご先祖様をお迎えします。 盆棚を設けるのが難しい場合は、仏壇に盆飾りをするか、 仏壇の前や横に小さな机を置き、白布をかけて盆飾りをしても よいでしょう。

盆提灯

精霊馬(しょうりょううま)

ご先祖様が行き来するための精霊馬(なすときゅうりでできた牛と馬) キュウリとナスをご先祖様の乗り物に見立て、 キュウリは足の速い馬に見立てられ、ご先祖様の霊が早く帰ってきてくれるように。 なすは歩きの遅い牛をイメージし、帰る時にはなすの牛に乗って景色を楽しみながら ゆっくりと帰ってもらいたいという意味がこめられています。

精霊馬

お盆のお花

お盆のお供えにかかせないお花 お供え花には菊がよく使われます。菊は邪気をはらうという意味があります。 また、仏花にはバラなど棘のあるものや、弦(つる)のある花は避けたほうがよいでしょう。

お盆のお花をご注文のお客様へ
お盆当日は来客が増えるので、ご迷惑にならないよう、
お花を贈る場合はお盆に入る前のお届けをお勧めしています。

お供え花のご注文はこちらから

お届け日から選ぶ

■受取方法


■お届け日

用途で選ぶ
種類から選ぶ

pagetop